12/31/2016

年末のお買い物

普段ほとんどお買い物しないぶん、感謝祭〜年末のセール期間にいつも飲んでいるサプリやお茶まで、オンライン中心にまとめ買い。デジタルクリエイターの猪子なんとかさんは買い物する時間が無いので同じTシャツを30枚くらい持っていていつも同じ服装だと言っていたけれど、そういうの大好き。わたしも自分の定番が決まっているので、早い。男性みたい。女子力ゼロね〜〜



まずは、MacBook12インチとiPhone7。ローズゴールドにしてみた。



それから健康保険。日本のような国民健康保険がないので面倒。オバマケアができてからそうじゃない人の保険もどんどん負担が増え内容も悪くなった(つまりみんなで負担するわけ、、) いろいろ見直して来年は保険会社を変えることにした。日本語だと保険に入る、と言うけれど、英語だと保険は買う、です。だからこれも年末のお買い物!オンラインショッピング!



仕事仲間の作曲家の、お嬢さんがデザインした2017年のプランナー。アーティストでミュージシャンの彼女らしいハチドリと蜂のレリーフ、乳がんの女性達への寄付にもなるそうなので購入。デスク用大きめサイズなので家に置いて使うつもり。目標を持っている人が日々一歩ずつ計画を立てられるよう作られたプランナー、日本風に言うと夢を叶えるノート?わたしも目標があって勉強していることがあるので、それに使おうと思う。


仕事ではいているリーヴァイスのレギンスと、

アウトドアシューズMerrellのブーツ。ここの靴、愛用している。アメリカは玄関に下駄箱がないので、これレンガと板を組み合わせただけのもの。



12/27/2016

バラード2

前稿のバラードの楽譜は昔から持っているパデレフスキ版で、変色し補強したテープの跡が加わってボロボロ、、こちらは今年購入したエキエル版。

先日書いたバラード4番について、大曲と表現したのはもちろん演奏テクニックのことではなく精神性の高さを指す。指がよく回る若い時代の方がうまく弾けるとは思わない。人生経験を積んで枯れた人がここにまた戻ってきたときに見えることも多いと思う(かっこよく枯れたいですね。)指が回らなくなったらゆっくりじっくり深く、弾いたらいいと思う。若い頃にあまり深く考えずにこのような崇高な曲を弾いていたことを振り返るとちょっぴり恥ずかしくもある、、とは言え今も人生経験足りないしまだまだなのだけど、、


「日本人が早くからショパンを特に愛するようになったのは、当然だと思う。(中略) 私たち日本人には、全体の一見単調な反復の中に、細部の微妙な変化、洗練、巧緻といったものを、かぎつけ、見出し、それを享受する能力が発達しているというのが、私の考えである。そういう私たちが、ショパンの音楽のエッセンスをききのがすのは考えられないことだし、それ以上に、ヨーロッパから渡来した音楽のいろいろな種類のなかで、ショパンの芸術に、自分たちのそれに非常に近いものをみたのは、当然だったと思う。ヴァーグナーの巨大な歌劇にくらべて、ショパンのピアノ曲は小さい。しかし、だからといって、これはけっしてマイナーアートというわけではないのだ、ということを指摘したのは、フランスの文学者アンドレ・ジッドだけれども、日本人は、そういうことは前から知っていた。和歌も、俳句も、日本人には、天地のすべてと自分の心の深淵のすべてをうつし入れるのに、小さすぎるためしのなかった容れものであった。」ー吉田秀和
↑このジッドの本も持ってる〜

12/24/2016

バラード

昔よく弾いていたショパンのバラード4番。昨日お店にきた東海岸の音楽院の学生だという若い女性が弾いていて、すこし懐かしくなりものすご〜く久しぶりに楽譜を出してみた。アメリカに来てからは今のわたしじゃダメだ、勉強し直すんだ、という思いがあったのでこういった大曲は封印し、小さな短い曲に戻って少しずつやり直していた。学びを広げるためにピアノの調律も始め、楽器から教わることも多くなった。もう少し封印しておくつもりだったけど、ちょっと開けてみてもいいかなという気になった。ゆっくり楽譜を辿りながら弾いていくと、こんな曲弾いていたのか生意気だったな〜と思いながらも、昔よりすこしは視界が開けているようで、楽しかった。ショパンってやっぱり天才だ。ここはソナタ風だのコラールだの言ってみても、天から降ってきたとしか思えない箇所がたくさんある。どうしてこの時代にこんな和音書けたのかしらと思う。何時間も弾いていられたらいいのに、と思った。現実は、今のわたしの練習時間は短すぎる、、









12/11/2016

最近の読書



前に買ってあった本をちびちび一章ずつ読んでいる。購入した当時と今の自分は違っているので、いろんな意味で面白く読める。昭和50年代の本ですって。ペダルの話が興味深いので、ルチアノベリオのSequenza IV、高橋アキさんのペダリングをちょっと見てみたくなったけどさすがに映像は見つけられなかった。(見てもわたしにはベリオはあまりよくわからないけど、、)


神保町の古書店で購入したのはたしかなようだけど、いつ買ったのか覚えていない、、

最近また物を減らしたり片づけたりしているので整理していたら出てきた。これもずいぶん前からなんとなく手放せずに持っていた文庫本。本が好きな人の話はおもしろい。本のある人生も、好きな本も、人それぞれで興味深い。やっぱりSNSより本が面白い。

12/04/2016

December

Pastoral and Scheherazade!


今年の締めくくり。おじさん達、総立ち


ベートーヴェンの田園とリムスキーコルサコフのシェヘラザード。いつものことだけどアメリカのお年寄りの感激ぶりに、感激する。日本だとここで拍手しちゃいけないのかしらとか、ルールを気にしてかしこまってしまいそうだけど、こっちのお年寄りだと子供みたいに興奮したりクスクス笑ったりビューティフル〜〜♫とつぶやいたり、素直で可愛いと思う。開演前の曲目解説のレクチャーは落語並みに大笑いで盛り上がるし、ほんとに皆さん楽しそう。クラシックコンサートはいつも毛皮を着て思いきり華やかにオシャレしたシニアパワーで溢れている。



今までヘンレ版を使っていたがエキエル版を見てみると右手の装飾音の頭は左手のバス音と同時になっている、、ほんとはこう弾きたかったので、確認できてよかった♫