6/25/2016

Change! 2


びっくりした〜〜グレートブリテンの皆さんの決断。国民投票といえばスコットランドの独立も、ニュージーランドの旗もスイスのマネーナントカも、けっきょく国民は「変わらない」方を選んだから今回もそうかなぁとなんとなく思っていたんだけど Change! するほうを選んだのですね。これからどうなるのかなヨーロッパ、、


さて、先日の講演会の続き。こんな英語のプロ中のプロの方でも著書の中で英語の本を1冊読むのは日本語の何倍もエネルギーがいると書いている。アメリカに長く住んでいるけどまだまだ英語がニガテな私はそれ聴いてちょっとホッとした〜〜。


どんなにアメリカが長くなってもやっぱり本は日本語で読んだほうが断然おもしろいけど、こんなわたしでも唯一、英語で読むSarah Vowellという作家がいる。アメリカの歴史オタクみたいなカワイイ女性で、数年前に運転中にラジオのトークをたまたま聴いてから気になる人✨ 日本語で翻訳されていないから英語で読むんだけど、彼女のエッセイはユーモアに溢れていてボキャブラリーが豊富で普段の会話にまったく出てこないような言葉も多く、私にはハードルが高い。でも書いてあることが知りたくて辞書を引き引き亀の歩みのごとくでも飽きずにつづいている唯一の英語の読書。(というより勉強かな?) オーディオブックも合わせてちびちび読んで(聴いて)いる。

6/22/2016

Change!

Tonight I attended a talk event in San Francisco, presented by a famous interpreter from Japan Ms Eriko Sekiya. I was a little shy to resister because majority of audience must be besiness people like working for marketing, engineering,,, I am from totally different field. Also I worried about traffic and parking in the city, it's weekday evening. Anyway, I decided to go and see,, actually, it was good! The another small title of the theme was "change" which I was just thinking of these days "What's my next step?",, The audience were Americans, Asians and Japanese in variety of ages, and the talk was in English. 


同時通訳者の関谷英里子さんの講演会に行ってきました。畑ちがいのわたしは浮くだろうなぁとか、平日の帰宅ラッシュの時間帯にサンフランシスコに行くのは腰が重いなぁとか、当日までちょっと迷っていたんだけどそんなこと言ってたら何も始まらないわ!っと思い、行ってみることに。(仕事早めに抜けたけどそれでも市内がひどい渋滞でギリギリ駆け込み。)


ご自身も含めたサンフランシスコで働く優秀な日本人達についてのお話だけど日本人向けではないので講演は英語オンリー。前進しつづける素敵な女性から良い刺激をうけた。レセプションまで残れたらお話できたかもしれないけど猫のために急いで帰った。英語もっとがんばってぜひまたお会いしたいです。



6/14/2016

日々雑記

I have been receiving many gifts everyday. Thank God, thank all my friends!!

ハワイのアカデミーで2年続けてピアノをみていただいた、アメリカで人気のピアニストのジョンナカマツさん。この方どんどんうまくなっていくなぁ。毎回楽しみ。サンサーンスのコンチェルト素晴らしかった!音の粒がひとつひとつキラキラ輝いていた✨努力を積み重ねて一歩一歩上がってきた人だというのが伝わってきて、ますます感動を覚える。


鍼の先生がバースデーランチに誘ってくれてハーフムーンベイへ。わたしは久しぶりに海に入り少年のように遊んだけど彼女は宇宙服みたいな完全防備でパラソルの下にいた、、こうやって差がつくのね〜〜わたしゃマネできんよ(帽子くらいはかぶっているけど、、)



T&K夫妻、泉屋のクッキーありがとうございます。意外と高級志向(?)のわたしはユーハイムや泉屋、塩瀬など老舗のお菓子大好きなんだけど、去年の東京ではC国の観光客目当てなのかなと思われる新しいお土産ものが前面に出ていて老舗は奥に引っ込んでいるように見えた、、

銀ブラって銀座をぶらぶらすることじゃなくて銀座パウリスタでブラジルコーヒーを飲むこと、が語源だったのね〜Yさんからいただいた。

好きだった雑誌ku:nelがことし突然変異してしまいネットでちょっとした騒動になっていたらしい。少し遅れて知ったわたしもがっかり。それで最近は「つるとはな」という雑誌を読むことにしました。

相変わらずピアノの周りをうろうろし、お茶を飲み本を読む、じみな生活です。