6/25/2016

Change! 2


びっくりした〜〜グレートブリテンの皆さんの決断。国民投票といえばスコットランドの独立も、ニュージーランドの旗もスイスのマネーナントカも、けっきょく国民は「変わらない」方を選んだから今回もそうかなぁとなんとなく思っていたんだけど Change! するほうを選んだのですね。これからどうなるのかなヨーロッパ、、


さて、先日の講演会の続き。こんな英語のプロ中のプロの方でも著書の中で英語の本を1冊読むのは日本語の何倍もエネルギーがいると書いている。アメリカに長く住んでいるけどまだまだ英語がニガテな私はそれ聴いてちょっとホッとした〜〜。


どんなにアメリカが長くなってもやっぱり本は日本語で読んだほうが断然おもしろいけど、こんなわたしでも唯一、英語で読むSarah Vowellという作家がいる。アメリカの歴史オタクみたいなカワイイ女性で、数年前に運転中にラジオのトークをたまたま聴いてから気になる人✨ 日本語で翻訳されていないから英語で読むんだけど、彼女のエッセイはユーモアに溢れていてボキャブラリーが豊富で普段の会話にまったく出てこないような言葉も多く、私にはハードルが高い。でも書いてあることが知りたくて辞書を引き引き亀の歩みのごとくでも飽きずにつづいている唯一の英語の読書。(というより勉強かな?) オーディオブックも合わせてちびちび読んで(聴いて)いる。