5/22/2015

旅の日記6

Back to San Francisco


直行便とは名ばかりで、行きも帰りも出入国審査と税関のためだけに地方都市でいったん降ろされバスに乗せられ手続きをしてまたバスで同じ飛行機に戻る、というよくわからないインチキ直行便だった。さすが中国〜。こんなところに日本人!のリポーターになった気分、、


わたしは映画を見なくても世界地図があれば退屈することなく過ごせてしまう。ときどき本を読んだり疲れてウトウトしたり。周りはみんな中国人でミカン食べる?とかいろいろ話しかけてくるんだけどわたしは中国語できないしお互いぜんぜん話がかみ合わなくておもしろかった。(国際便でミカン持ってていいの?) 日本の上を飛んでいるのに降りられないのがさみしかった。


5/21/2015

旅の日記5

What I found in China.
中国いろいろ。



自由時間はほとんどなかったのでホテルのそばのセブンイレブンとスタバに入ってみた。店員さんも英語が話せてアメリカととくに変わらず。
アメリカでは名前を書いてくれるんだけど、かわりにMiss Good Day! と書いてありました。




5/20/2015

旅の日記4

The city I stayed was Guangzhou. This time we were invited by the piano maker, they treated us very nice. 




昔はドイツの老舗ブランド今は中国の傘下にあるピアノメーカーからの招待で、ホテルは五つ星。広くて贅沢なお風呂のあるお部屋。普段と同じように朝食の2時間くらい前に起きて白湯やマテ茶を入れてゆっくりする。いつもは葉っぱ派だけど旅のときはティーバッグ。


昼夜は中華なので朝は洋食のバフェでホッとする。目の前で目玉焼きを焼いてもらい、オートミール、フレンチトースト、エスプレッソメーカーもありコーヒーも美味しかった。

5/19/2015

旅の日記3

Lamber yard (making the piano sound board)




Business meeting
会議で温かいお茶を出してくれるのが中国らしくて嬉しい。ブルーとグリーンのお二人はドイツ人で、中国に駐在して指導している元ベヒシュタインのデザイナー。

5/16/2015

5/12/2015

旅の日記1 pp goes to PRC

Business trip!
今、空港。出張に行ってきます。

5/05/2015

朝の残業?



店のowner(おじいちゃん)がときどきCostcoで業務用の大きなPeet'sのコーヒーを買ってきてくれるのありがたいけれど、おじいちゃんだからあまりよく見ないで豆を買ってきてしまう。仕事場には豆を挽くグラインダーがないので(買ってもいいけれどどうせやるのはわたしなので〜) うちに持ち帰って、次の朝ひと仕事。某友人のまねをしてマリアカラスを聴きながら、ひたすら豆を挽く。うちの中はいい香りでいっぱい、、

こちらでは少し前からカフェなどで器のかわりにメイソンジャーに飲み物やグラノーラを入れたりするのがなんとなく流行っていて、、

わたしもお弁当でまねしてみた。シリアルを持ってきて、温めた豆乳を注いでオートミールふうに。