1/28/2015

Good Luck


ピアノ仲間Y君から届いた遅めの年賀状。
切手が麗子像だった!
わたしがときどき前髪が麗子像になってしまうのを
彼は知っていたのか?
何のためかわからないけれどやり残したことがあるので勉強する、ただそれだけ、
Y君わたしもまったくその通りです。
あと、年相応の立派な大人になるより
年甲斐もなく愉快な大人でありたい、
だっけ、それも同感! 
コンチェルトで出会った人たちは皆さん
いい歳して愉快な大人たちでした♫

Y君の恋とピアノの試験がうまくいきますよう
ハワイで買ったラッキーチャームを送ります。
袋の中身は届くまでヒミツ、、

I miss Hawaii (and Japan, too)
Good luck to all of you♥️
みんな幸せでありますように・・

1/24/2015

Concerto weekend 2

It was like a piano camp including the lessons, visiting Beethoven Center, piano jam, rehearsal with the orchestra, dinner, etc.









わたしがこのようなコンサートに出られたのもショパンがこの美しい曲を書いてくれたから。また出られるのであれば、50倍くらい大変なのは承知で、こんどは1楽章か3楽章を弾きたい。いずれにしても今年はこのコンチェルトを全楽章弾いていきたい。

1/20/2015

Concerto weekend 1

did it! I got little nervous and missed some notes in the beginning, but I didn't forget to keep singing to express this beautiful music. I think it was not too bad ;D 


11人のピアニストがいろんな協奏曲を1楽章ずつ弾くコンサート。わたしはショパンの協奏曲第1番の第2楽章Romanceを弾いた。はじめ緊張してちょっとミスしたけど、この美しい曲を精いっぱい伝えたい、歌いたい!という気もちで持ち直し、最後まで心をこめて表現した(つもり。) 3時間におよぶコンサート。モーツァルトにはじまってラヴェルの左手のコンチェルトにシューマン、グリーグと盛りだくさんでした。年齢層が高くてわたしなんかガール=小娘。みんなお仕事しながらがんばっててえらい!






旧ソ連モルドバ出身のこのおばちゃん、すばらしかった!(偶然、師匠の調律のお客さんだった)音楽を楽しむってこういうことだな〜と誰もが感動した。

日ごろメキシカンバンドのギターの人を見ながらついていく癖がついていて無駄に指揮者を見過ぎたり、自分では反省点が多々あるけど、オーケストラの人やレッスンをしてくださったロシア人のコーチやいろんな人からよかったよ〜と言ってもらえた。東海岸から来てシューマンの協奏曲を弾いた元お医者さんだというおじいちゃんピアニストがわたしに握手を求めてきて You and Lang Lang, are now my favorite, と言ってくれたのでびっくり。まさかそんなわけないでしょ、、冗談でも月とスッポンすぎる(^^;; わたしをチャイニーズだと思ってそう言ったのか、それともワタシはランランみたいに変な人ってこと?!

1/10/2015

練習デー

暖房が なおる頃には 春の風 (~_~)

と、思わず川柳をブツブツ詠んでいた。仕事場が古い建物で年末年始は寒かった〜でも暖房こわれていても湯たんぽとアウトドア用の靴下で毎日しのげたのはやっぱりカリフォルニアだから。寒波は去り春めいてきた。

Chesnuts Praline Latte

休みの日にボランティアでお手伝いしてきたイネコさんがフィリピン人の看護師さんと同居することになった。体調悪いわけではなく息子みたいに親しい人だから。むずかしいご婦人なのでわたし以外にも猛獣つかい?があらわれてよかった。わたしはこれで毎週行かなくてもいいことになった。11年間やってきて旅行と病気以外で休んだことがなかったので初めてお暇をいただいた♫ 

Myアジト。

というわけで、休み♫ 朝、野菜ジュースを作りお茶を飲みながら録画しておいたタモリさんがぶらぶら歩く番組の京都編を見てから、休みだけど仕事場へ。店はOPENしているけど奥の部屋で弾いてていいからおいでよ、とみんな言ってくれるので隠れ部屋のボストンbyスタインウェイで練習。自宅にピアノ持っていないくせにコンサートに出られるのはみんなの協力のおかげ。そしてたぶん誰よりもいい楽器ばかり弾いているわたしは幸せだと思う!

仕事や旅行の出発まで(!)調整してコンサートに来てくれるという友人たちにちょっとしたお礼を用意。





1/03/2015

新年のメッセージ



アメリカの花でお正月っぽく生けてみた(つもり)

ピアノ仲間Y君が送ってくれたカレンダー、そして全音のハノンとツェルニーの楽譜のミニチュア版ノートにびっくり!こんなのがある日本ってすごい♫

イギリスのBoosey&Hawkesへ楽譜を注文したときについでに同社の手帳も買ってみた。

カンタービレ=歌うように。新年にあたってわたしに与えられたキーワードはどうやら「歌」のようだ。コンサートが近いワタシに友人がくれたe-mailには大文字で書かれた「SING」。パッとひらいた本の中から目に飛び込んできたのも「旋律を理解しろ。歌え。」by ワーグナー。2015年、歌う心で過ごしていきたい。

1/02/2015

コンチェルト

Happy New Year 2015!! I'm working on the piano concerto! 
感謝祭の頃に応募したオーディションにパスしてオーケストラと一緒に弾くことになった♫全米から集まる10人のピアニストがいろんなピアノ協奏曲を一楽章ずつリレーのように弾いていくコンサート。わたしはショパンのピアノ協奏曲第1番の2楽章, Romanceを弾きます。


左の小型オーケストラの楽譜はイギリスのBoosey&Hawkesから、右の練習用のヘンレ版はNYのジュリアードストアから取り寄せてみた。アメリカは何でもオンラインショッピングになってしまい近くに楽譜屋さんが無い。いつも同じこと言ってるけど銀座だったら7丁目のYAMAHAの書籍フロアで楽譜や本を購入してお向かいの椿屋さんの2階でロイヤルミルクティーでひと休み・・だった・・東京が恋しい〜


ここ2、3日の朝の気温45度。それって
何度??今だにあまりよくわかっていないけどふだんは60度くらいあるからカリフォルニアにしてはかなり寒い。湯たんぽ、お湯を沸かすポット、スリッパの練習セットを持ち歩く。


↑寒いのでとなりの台湾のお豆腐屋さんで買ってきたホット豆乳。彼らのお正月は1/1じゃないから元旦もあいている♫ 昔からもっているアルゲリッチのCDは2枚組でショパンのほかにもリスト、チャイコ、プロコ、と人気のピアノ協奏曲ばかり入っている。アルゲリッチは永遠に憧れの女性。お休みは元旦だけでアメリカは2日から仕事。