11/07/2015

旅の日記 9 喫茶店の朝


ほんの数日のTokyoだったのに、よくこれだけ食べ歩きしたものだと自分でも感心。時差ボケでなぜか毎朝きちんと4:30に目が覚めてしまい、いつもアメリカでしているようにニュースを見ながら時間をかけてお茶を飲み、そのあと朝から出かけていろんな喫茶店のモーニングを楽しんだ。わたしゃじいさんみたいでした。そのかわり夜はいつもアメリカで見ているBSの国際報道をがんばって見ようとするも眠くてバタンキュー!だった。あとホテル滞在でも夜は昔ながらの下町のレトロな銭湯に行くのがワタシの旅のスタイル。歩きつかれたあとの膝や腰に電気風呂、効くよ〜〜

Breakfast in Tokyo 




出発の朝、ボスに頼まれたミッションを果たしに新宿へ。新宿、上野、渋谷、池袋、秋葉原などの忙しくて大きい駅が苦手なんだけど、仕事や用事で仕方なく来ることになった場合はそれなりに楽しむことにして、古い名曲喫茶に寄ってみる。昭和の純喫茶は文化だと思う!喫茶店巡りも趣味のひとつなんだけど、煙草臭いのだけは苦手なので午前のすいている時間に行く。

An old coffee shop in Shinjuku Sancho-me



日本の人は寒くなったとセーターやジャケットを着ているんだけど、涼しくさらっとしたカリフォルニアからやってくると日本は蒸し暑く感じられ、毎日わたしだけが半袖。友人から恥ずかしい~と笑われた。わたし以外にも中国人観光客やガイジンさんたちはやはり半袖だった、、