3/13/2015

After the business trip

研修で知り合った人たちと帰ってからも情報交換しあい新しい仲間ができた。わたしはどうやらすごい人に会っていたらしい、、伝説のピアノを作った人。映画になるような人だったのか!
ピアノを弾かせてもらったり軽く会話もしたけれど、ちょっと不思議なおにいさん?くらいに思ってた。もっと敬意を表するべきでした。知らないっておそろしい。


そういえばわたしの師匠も昔、ジョージルーカススタジオにデヴィッドボウイが来たときにピアノの調律に行って、師匠は有名人を全然知らないのでマネージャーさんに「あのおっちゃん誰?」と言ったとか。


出張から戻ると1月のコンチェルトで弾いたピアノ仲間の弁護士さんからCDを作ったとのことで郵便で届いていた。使用楽器は1922年のラフマニノフスタインウェイですって!さすがお金もちはやることがちがう、、(でもお金もちも老若男女も関係なく仲間になれるから音楽はイイですね) もちろん演奏も感心するところが多々あり感心した。お礼にテキサスにはないBlue Bottleのコーヒーを送りました。

最近おじさんたちにモテモテじゃない~?と思っている某友人たち。ぶぶー、残念でした。わたしは女子高生の頃からストーブで芋を焼いて茶を飲むおっさんだったので本領を発揮して彼らの一味と化しているだけ、、