3/24/2014

CARMINA BURANA

Went to watch Carmina Burana and Bandoneon Concerto, 
I was looking forward this great program! 



前から楽しみにしていたカルミナブラーナとバンドネオンのコンチェルトという豪華プログラム。いつものチェロの友人を含む女性4人で見に行った。


わたしはアストル・ピアソラをずっと聴いてきてバンドネオンの音が大好きだけれど、やっぱり魔法の箱、悪魔の楽器だ~~と思い、ゾクゾクした。奏者であり作曲者でもあるアルゼンチン出身の男性。熱気あふれる凄い演奏だった。指揮者もアルゼンチン出身の方。


カルミナブラーナ。ベネディクト会修道院で発見された古い詩にオルフが曲をつけた世俗カンタータ。独特なリズムと耳に残るハーモニーがいちど聴いたら忘れられない強烈な曲!日本で細木数子が流行っていた頃?彼女が登場するときによくこの曲がかかっていたので、ピッタリなの選んだわねぇ~と感心したのを覚えている(曲の雰囲気も意味も)前から2番目の席だったのですごい迫力で震えてしまった!

3/16/2014

K子



最近、宝くじを買っている。チップためにお金をこまかくしたいなという時に1枚だけ買う。アメリカの宝くじは1枚1ドルで買えるんだけど当選金が400億とかケタ外れ!はずれてもカリフォルニア州へのDonationになる♪ もしも当たったらね、、ハワイに古い家を買って好きなように改造して庭にお風呂を作って、日本で働き過ぎで疲れ気味の友人(そこのアナタのこと!)がふらっと休養に来られるような場所を作りたい。そしてまず親友のK子ちゃんの病気をなんとかしたい。K子はお寺の娘さんなんだけど、お寺の仕事を手伝いながらお父さんの看病をしてお見送りしたあと、彼女自身が疲れから体調崩してもう4年くらい療養している。楽天的で前向きなわたしと心配性で気の弱いK子は正反対。メールを楽しみにしてくれるのでまめに書くようにしているけど、たまにうっかり返事書くの忘れると、体調のことばっかり書いたからもう嫌になったのかと思った~と向こうは気にしていて、こっちはただ何て書こうかな~と思っているうちにうっかり時間がたってしまっただけだったり、、こんなわたしだけど、たぶんK子はわたしとしばらくのんびり過ごしたら元気になると思う。栄養のあるもの作ってたわいもないおしゃべりしてごろごろリラックスして。前みたいに明るく可愛いK子に戻ってほしい。抽選のアメリカ永住権もあっさり当たっちゃったわたしだから、ほんとに当たるかもしれないよ~~

3/10/2014

Chamber Orchestra Sunday

Day light saving has started from last weekend,,,
週末の気温75度。暑かった!
時計を1時間すすめて夏時間になった。
強制的に、早寝早起きさせられるワケ。
夜7時でこんなに明るい・・桜が満開です!





Went to see the chamber orchestra played the local composers pieces,
my co-worker Phil was one of them,,,we enjoyed!
一緒に働いている作曲家のフィルの作品が演奏されたので

いつものチェロの友人と見に行ってきた。
フィルも来ていたけど奥さんは先に帰ってしまったみたい?



The hall was a historical lovely mansion,,,
昔は誰かのお屋敷だったのかな、素敵なホールでした♪


モーツァルトコートの季節もオワリ。
クリーニングに出そうっと・・

3/07/2014

Happy Birthday Chopin

これ、すごい!
ショパンのワルツ10番xハッピーバースデー♪
よく考えたな~


こどもの頃に初めて弾いたショパンはプレリュードの7番だったと思う。(あ、太田胃散、と言われてしまうあの曲。)その次が子犬のワルツ、だったかな? 

もし残りの人生、1人の作曲家しか弾いちゃいけないと言われたら、迷わずショパンを選ぶ。バッハもベートーヴェンも好きだし尊敬しているけれど、どこか”勉強”という思いがわたしにはあって、ほんとうに自分の血が弾きたいと言っているのはショパンだけ。わたしはいたって凡人の感想で、弾いていても聴いていても「なんでこんなにきれいな曲が書けたんだろう・・」と思わずにはいられない。でもショパンを嫌いな人もいる。先日もSNSで先輩がショパンが嫌いだということを語っていてへぇ~そうなんだ~と思った(その先輩はバッハの演奏家)(わたしはここに書くことがメインでSNSはみんなのをささっと見てLike!するだけ~) たしかにショパンはいちばん誤解されている作曲家だと思うし、わたしもちょっと離れていた時期があった。それにショパンが好きってなんだか平凡だしねぇ。友達はショスタコーヴィチのマニアでかっこいいなと思うのだけれど、でも自分はめぐりめぐってやっぱりショパンが好きだと気づいちゃったのだから、これからは素直に生きようと思う!

ショパンの難しいところは、人気があり過ぎて(良くも悪くも)みんなが好きなイメージをそれぞれ持ってしまっていること。だからなかなか気にいってもらえない。オーディションや試験など点をつけられる場だとちょっと怖い。プロコとかリストとか弾いたほうがわ〜すごい!と思ってもらえる。でもわたしは点が辛くてもいいの。せっかく数ヶ月も練習に費やすのだったら、ほんとに好きなものを弾いて幸せに過ごしたいと思っている。(去年のハワイのコンペでもショパンを弾いたのはわたしだけでした・・)

ショパンは独自の特異な宿命によって、弾き手が彼を聴衆に理解させようと努めれば努めるほど真価を認められ難い作曲家である。バッハ、スカルラッティ、ベートーヴェン、シューマン、リスト、フォーレ等は、多かれ少なかれ適切に解釈し得るし、少しくらい不格好に演奏したところで作品の意図が損なわれることはない。ショパンだけが演奏の質によって本来の楽想が歪曲されたり、根本から完全に台無しにされたりしてしまうのだ。―アンドレ・ジッド

自分も昔は若くてだいぶ過ちをおかしていたな~と思う。
歳を重ねてわたしのショパンも変わってきました♫
My favorite Chopin : Nocturnes, Impromptus, Waltzes, Polonaises

昔もっていたルービンシュタインのCD
BOXセットを最近手に入れた♪