1/28/2014

piano trio afternoon



Concert Paraphrase on Themes from Tchaikovsky's Eugene Onegin(2008) / Stephen Prutsman(Nobilis Piano Trio) Concerto for violin, Cello, and Piano in C major(1804) / L.V.Beethoven (Nobilis Piano Trio) Burleske in D minor(1885) / R. Strauss, Les Preluudes(1865) / F.Liszt
今回出演のトリオのピアニスト、Prutsman氏による作品「チャイコフスキーのエフゲニー・オネーギンによるパラフレーズ」、そしてベートーヴェンのトリオ・コンチェルト。ピアニストであり作曲家でもある彼はちょっと変わっていて怪物のように見えた。後半のリヒャルトシュトラウスの難解な大曲を魔法のようにラクラク弾いているように見えた。そしてピアノ用の椅子が嫌いなのか、オケの人が使うふつうの椅子でソリストのときも弾いていたので可笑しかった☻ 


最後に演奏されたリストの前奏曲について。ずっと前に本で読んでこのブログにも書いたことがあったが、第二次世界大戦中ナチスのラジオ局のテーマ音楽だったため、戦争犯罪曲としてドイツでは長いあいだ演奏禁止だったという曲。ナチスに協力的だったため戦後に裁判にまでかけられたリヒャルトシュトラウスと、ナチスラジオのテーマ曲だったリストの前奏曲を並べるとはなにか意味があったのかしら? さすがにそのようなことはいっさいプログラムには書いていなかったけれど。わたしの考えすぎかな!?☻



隣のカフェで。リヒャルトシュトラウスのことを調べてみたり、音楽が裁判にかけられたり政治との関わりが濃かったりそういうところがヨーロッパだよね~と、チェロ弾きの友人と話した♫

1/13/2014

新年の仕事

Went to the uphill!! for checking the piano at the customer's house. I had to drive in the 2nd gear to climb up,, and saw the beautiful mansions by the mountains,,, calm, peaceful livings were there. I love it. But I felt little easier (and safer) when I got back to down the street and have a Latte at the Cafe... 
ふだんはほとんど店にいるけれど、今日は仕事で山の上のほうのインド人のお宅にいってきた。すごいおうちでした、、毎日たくさんの野生の鹿がくるそう。車オートマだけど2ndギアに入れてよっこらしょよっこらしょ登る・・という場所でした。昼間でよかった~。あんな場所でこもってピアノ弾いていられたら素敵だな~と一瞬思ったけれど、下界に降りてカフェで休憩したらやっぱりほっとした。カフェの隣のアンティークショップをちょっとだけのぞいて小鳥の絵の小皿を見つけた♫