12/07/2010

旅の日記



Just came back from London.
I was going to Spain, but all flights were cancelled
at London Gatwick Airport because of the snow storm.
It took hours to go back to the city but we were survived!:)
I was wondering about going somewhere instead
but since many trains were out of services
I decided not taking risks, just stayed in London.
Still much to see.


ほんとうはスペインにいく予定だったのですが、
ロンドンガトウィック空港で、雪ですべての飛行機がキャンセルに。
市内へ戻る電車やバスも止まってしまい
ヨーロッパ中から来た人々でごった返していました。
やがて電車もすこしずつ動きだし
赤ちゃん連れのフランス女性を手伝いながらなんとか市内まで戻りました。
彼女はマルセイユから来ていて、電車を乗り継いで帰ってみる
と言っていましたが無事についたかな
あの雪のガトウィック空港にいた日本人はわたしだけだったかも?
アジア人にほとんど会わなかった。
今となってはいい経験になりました。

数日後にスペインで大規模な飛行機のストライキがあったので
結果的にはスペインに行っていなくてラッキーでした。
かわりにParisか、アイルランドにいこうかとも考えましたが
イギリスのすべての交通がマヒ状態だったので無理をするのはやめて
ロンドンでゆっくり美術館を見たり市場を歩いたりすることにしました。
毎日雪が降っていましたが、アメリカと同じく誰も傘をささないので
わたしもストールをモスリムの女性のように巻いて歩いていました。




Snowing everyday but people were enjoying to walk around.
I like seeing some markets like one in Notting Hill,
thousands shops were selling cloths,
silvers, old maps, dolls, furs...
also the foods were amazing,
French style crepes, Middle Eastern wraps,
African dishes...endless to walk to see.
And the East End.. it's still quite close from
the central London by the tubes
but English spoken there sounded different
which was interesting to me.
There were Indian & Middle Eastern districts
and I had the best curry from a truck.

下町好きなので、
高級デパートよりも市場のようなところが大好き。
ソープオペラ「イーストエンダース」で注目を浴びた
イーストエンド(移民の多い地区)
で本場のインドカレーを屋台で買って食べたり
観光の中心地からそう離れていないのに
英語の発音がぜんぜんちがうことにおどろいたり
(「イーストエンダース」の英語もわたしには聴き取りづらいです。)
また、ジュリア・ロバーツの映画で知られる
ノッティングヒルのマーケットでは
どこまでもつづく古着や銀製品、古地図などのアンティーク市・・
規模の大きさにびっくり。それから各国料理の屋台。
レストランよりも、買い食いのほうが楽しい♪
イギリスはまずいってよくいうけど
昔の話なんだろうか?きっとそうですね
アメリカ同様、移民が多く各国の料理があつまっていて
何でも美味しいと思います。
さすがに紅茶はスタバやファーストフードみたいな処でさえおいしい
(アメリカはひどいので・・)



角田光代さんは旅にでるとその土地の市場と
宗教施設にかならず行くそうですがわたしもおなじ。
日曜日にはかならずその土地の教会にいくんです
(日本なら銀座教会にいくと思います)
今回は聖ジェームス教会の礼拝に出席しました。
旅先でもこうやって静かな時間をもつと
落ち着いてあらたな一週間をはじめられます。
I started another week at Saint James Church where I joined the Sunday service.
I have done this at many churchs around Europe in the past.


今回もっていってよかったのは傘の代わりにもなったストールと
LUPICIAの抹茶入り玄米緑茶。
カン入りでスマートに持ち歩けます(英語表記してあるのもだいじ)
旅にでるとわたしはまったく日本食を食べなくてもOKなひとですが
お茶だけはティーバッグではなくて美味しい緑茶が飲みたかったので
これは重宝しました。
You can pretend as a Muslim woman instantly in some occasions,
or if you don't need, this scarf can be an umbrella in bad weathers.
And the green tea in a nice case was convinient to carry.

日本にもいきたかったのですが、円高すぎてこのたびは断念。
でもやっぱり日本にもいきたいなぁ 
寒さや交通のトラブルにも懲りずにまた旅に出たくなっています。
Now I'm happy to be back.
Trip was fun but now just comfortable at home.
Work hard and go on board soon! :)