5/13/2010

カタリ、カタリ


ピアノショップの裏で川を見つけた♪
枯れていて水がほとんどないけど
冬になったら水が増すのかな。楽しみ


今日、ホコリが目立つYAMAHAのピアノがあったので
こんなふうにして鍵盤をはずしながら、鍵盤の下を掃除してみたら


日本の食パンによくついてくる、
袋をとめるもの(なんて言うんだっけ)が出てきました。
日付はなんと、昭和59年のクリスマスイブ。
どの家庭にも1台、ピアノがあった時代
日本だったらよくあることかもしれないけど
アメリカでこんなのを見つけると
あぁこのピアノは日本からはるばる海を渡ってやってきたんだな
・・どんな家庭にあったのかなぁ
などと、あれこれ考えたりして楽しい。






わたし専用のバフ。ピアノの傷をなおして
わからないように磨くのは意外とむずかしい。
機械で磨くのだから誰がやっても同じようにと思うけれど
じつはちがいますね
思ったより奥が深い。なにごとも、練習あるのみ。
今日ははじめてボブにほめられた



木曜の夜がいちばんいいな。
ピアノの仕事のあと。1日を無事におえたあとはくつろげる。
トレーダージョーズでお買い物して帰る。
ルッコラの葉っぱに、アロエジュース、チョコレート。
さいきんこのチョコレート、食べすぎ(-_-;)


今夜はこんな歌を聴きました。

ナポリ歌曲「つれない心」(カタリ、カタリ)
歌は伝説の歌手、エンリコ・カルーソーです。





おやすみなさい

5/03/2010

静かな夜に



Thinking of my friend playing Rachmaninoff's
piano concerto no.3 tonight in Texas.
I couldn't be there..I'm thinking of the concert
and listening the same one playing by Rachmaninoff himself.
Since his 1939's one is a non-movie,
let me show you the Horowitz's exciting film instead,

今夜は大切な友人がテキサスで演奏しています。
ラフマニノフのピアノ協奏曲3番。
わたしは行かれなかったので
せめておなじ音楽をラフマニノフ本人の演奏で聴いています。

どこまでも果てしない。すごい曲。
ピアノという楽器は無限。
おなじ88鍵から生み出される音楽は、
どうしてこんなにも作曲者によってちがうんだろう
ラフマニノフはほんとうに、なんてラフマニノフの音だろう
ときどき、グレーの空に静かなロシアの太陽がさーっと顔を出します。
でもまた不安定な雲がたちこめてくるのです。
この曲を聴き始めたら最後、
春の訪れをじっと待ってしまうような気もち。
CDよりも目で見ていたいな
ラフマニノフ本人の映像はないけど、
ホロヴィッツのものを貼っておきますね
75歳の演奏。エキサイティング。
音量を上げてお楽しみください
(日本はゴールデンウィークですね♪)



ところで夕べ、
NHKのどれみふぁワンダーランドを見ていたら
(日本できょねん放送されたものらしいです)
らぐふぇあ?の人たちが、「音楽がないと集中できない」
「朝起きてまず音楽をかけないと何も始まらない」
「シ~ンとしてると耐えられない」と言っていたのでびっくりしました。
みんなそうなのかな?

わたしは普段は音の無い生活です。
意外と言われますが、静かなほうが好き。
あの曲が聴きたいな、と思ったらCDをかけますが
とりあえず何をするにも音楽をかける、っていう習慣はないです。
i-Podも持っていません。テレビも見るときしかつけません
しーんとしていて、時計の音やお茶を入れる音が響くのがわりと好きです。
みなさんはどうですか?いつもそばに音がないとさみしいですか。
よかったらおしえてください。

Are you carrying your favorite music with you
all the time? Many people do.
Me, no. Even haven't got an i-Pod yet(I think I won't)
When I think of some music, then I play CDs in my room,
but usually I perefer staying in calm.
How about you?


おやすみなさい