12/04/2020

冬の日記

三善晃さんのラヴェル。

 

子ども時代の教材としての国内版の楽譜を経て、ある程度ピアノを本格的に学ぶようになってくると本場ヨーロッパの出版社の楽譜を使うようになるのが一般的なので、全音の楽譜を買ったのは久しぶりだ。ラヴェル 作品全集、三善晃さんの分析が読みたかったので取り寄せてみた。インターネットのレビューに和声分析が専門的すぎる、と書いてあったのを見て、わたしはちょうどそういうものを見たかったので。もっと早く買えばよかったかな。ほかにも日本人の卒業論文や音楽の分析にはごく一般の方のでも素晴らしいものがたくさんあります。GoogleScholorなどで調べ物をしていたときにピアニストや音大生だけでなく地方の教育大や短大生などの素晴らしい論文をたくさん見かけ、日本人って素晴らしい!と感心した。


単に音符を連ねた譜面だけを提供するのではなく、作曲家が生きた時代を、その背景としての歴史・文化・言語の文脈とともに可能なかぎりリアルに浮かび上がらせ、そのパラダイムのなかで楽譜の音と出会っていただこうとするものだ。そのためには、あらゆる資料を考証して作曲家の実像に近づこうとした。どのような小品のどのように短いパッセージにも、そこには広義の歴史が投影している。(『潮流と水脈』– 三善晃)


趣味・プロに関わらず、まさにこういうことがクラシック音楽をやるということ。一生かかりそうだし、まだまだわたしは程遠いのだけど、今のわたしのように思うようにピアノが弾けない状態でもやるべきことがたくさんあるなぁと感じている。ここまでいろいろ大変だったけどやっぱりがんばって大学院に入ってよかった。

11/06/2020

秋の日記


このクロワッサン、第二次(第三次?)
マイブーム到来。朝が楽しみ。


この本すこしずつ読み始めました。
私自身はどちらかというと保守派ですが
ソ連について読んだりするのが好きだし
自分とは考え方もタイプもちがう人たちも面白いし
いろいろ見たり読んだりするのは大好き。
そこはやっぱり芸術家やサブカルの聖地(?)
中央線の生まれですもの。
物知りだね、って片づける人が苦手です。
そんな風に言われたくないというか
西欧の音楽やってたら一生学ぶの当たり前なのに。
なんにも知らないまま音だけ弾いてて
いいわけないのに。
わたしの先生は亡くなるまで勉強してました。
もう遅いけど先生に会いたいな。


この本もいっしょに。
わたしが小学生の頃、
最初になりたいと思っていた職業は
子どもの本を書く人でした。


お弁当作りはずっと続いているけど
台湾人の整体の先生からの健康アドバイスで
最近は職場でも事務所を借りている教会でも
スムージーを作っている。
もともと朝はこういうスムージーを作っているのだけど
体調がよくないときはお昼も。



コロナで大学が閉鎖されてから
この場所を借りるようになって、
もう半年。仕事のない日はここにいます。
冬時間になって時計を変えて日が暮れるのが早くなった。



じつは腱鞘炎がけっこう深刻でだいぶ前から
ピアノあまり弾けないのだけど
見せないようにしてずっと働きつづけてきた。
本当は休まないといけないのだけど
仕事でも腕や手を使い続けるしね。
コロナのおかげで少しだけスローダウンとはいえ
生活があるから休むことなく働き続けている。
これもね、いったん止まって奏法を見直しなさいっていう
いただいた機会なんだと思う。
昔は弾けたのにとか言いたくない。
たぶんスポーツみたいに音だけ何度も何度も弾いて
弾けてるつもりだっただけ、だと思うから。
周りの若い同級生もみんなそう。スポーツみたいに弾いててうっまーい。
辛辣なロシア訛りの教授がいてね、いちばんうっまーい子に
あなたはすごくうまいけどそれだけで、
なんか魅力を感じないね、って言っちゃった〜。
わたしには華やかなテクニックはもうないけど
若い子にはない人生経験、社会経験がある。
作曲家の辛さも痛みも音を通して再現できる人になりたい。
辛い状態だからこそ、新しい自分になる機会って思う。
きっとなにか意味がある。
励ましてくれるほんとうの友人もわかった。
わたしよりもっと深刻な病気のお友達。
自分だって辛いのに親身になってアドバイスしてくれ励まし合った。
一歩一歩、今できることを工夫しながら
この歳ならではの無理のない自然な奏法を見つけたい。
変わりたい。